デリケートゾーンのムレの原因と対策

デリケートゾーンは体の中でも「ムレ」が大敵となる場所です。

そのムレの原因とどのような対策をするべきかお話します。

デリケートゾーンは、体の中でも特にムレやすい場所です。

何故なら顔のようにいつも露出している場所ではなく、下着や服で何重にも密封されているからです。

また生理時にはナプキンでよりムレやすく、またガードルや締めつけの強いパンツスタイル等は余計にデリケートゾーンをムレさせる原因となっています。

しかも大陰唇には汗腺であるアポクリン腺も多く、汗による湿度が高まりやすい場所。

汗、皮脂、尿、生理時の経血、これらの汚れが溜まりやすく、雑菌も繁殖しやすい場所です。

繁殖した雑菌は高温高湿度な状況で更に繁殖して、かゆみやかぶれにも発生してしまうのでどのようにこの「ムレ」を軽減するかが重要になります。

その対策として、まず下着の見直しが挙げられます。

キツイ締めつけの下着ではなくゆったりとした、同時に素材も汗を吸収しやすい綿等を選びましょう。

アクリルやポリエステルよりも汗をしっかりと吸い取ってくれるので、湿度の上昇を防ぎます。

またナプキンも肌に合った物を選び、生理中はこまめに替えましょう。

特に注意したいのは、生理中、経血が少なくなってきた時。

経血が多いとこまめに取り替えるのでムレが少なく、逆に終わりかけには経血量が少ないからかこまめにナプキンを取り替えない為に、ムレが酷くなってしまっている人が多いのです。

経血量が少なくなってきても安心せず、ナプキンはこまめに取り替えましょう。

同時に、下着だけでなく衣服にも気を配りたい所です。

ストッキング、タイトなスカートや、パンツスーツを愛用してはいませんか?

生理中にキツイガードルで締め付けてはいませんか?

これらはムレを引き起こす原因となると共に、臭いのこもる元にもなるので気を付けなければいけません。

しかしいきなり全てを取り払うと言うのも難しいでしょうから、少しずつ対策していきましょう。

まずはストッキング、これは薄手の物を選び少しでも通気性を上げましょう。

パンツスタイルもたまにはフレアなスカートに変えたりすると、多少なりともデリケートゾーンのムレを解消できます。

またガードル、付けっぱなしではなく経血量が少なくなってきたら外すなど、時と場合を考えた取り扱いをしましょう。

毎日の生活をいきなり変えるのは難しいとは思いますが、まずは休日から変化を付けていく等すると溜まりやすいムレを解消できますので、デリケートゾーントラブルで悩んでいる人は少しずつでも対策を始めてみて下さい。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加