デリケートゾーンの黒ズミの原因と対策

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる女性は多いかと思います。

しかしデリケートゾーンは元々黒ずみやすい場所で、その原因を知らなければしっかりとした対策は出来ません。

デリケートゾーンは何故黒ずみやすいのか、その原因と対策をお教えしようと思います。

まず黒ずみの原因は、メラニン色素。

顔に出来るシミの原因でもありますが、これは肌が刺激を受ける事で肌を保護しようとして発生するものです。

しかもデリケートゾーンは元々メラニン細胞が活発な為、少しの刺激でメラニン色素が発生し、結果としてデリケートゾーンは体の中でも黒ずみやすい場所になっています。

ですがこの黒ずみには個人差が生まれます、それは何故か。

そこにはホルモンバランスの乱れからの、ターンオーバーの乱れが関わってきます。

ストレスや生活習慣でホルモンバランスが乱れると、皮膚の表皮の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れます。

メラニン色素によって黒ずんだ肌は肌のターンオーバーでゆっくりと元に戻る作用があるのですが、これが乱れる事で正常に戻らず、肌に留まってしまいます。

これがシミや黒ずみの原因です。

ではどのような対策をしていけば良いのか?

まず大事な事ですが肌への刺激を極力減らす事、その為にはポリエステル等の化学繊維で出来た下着を避ける、締め付け過ぎない下着を選ぶ事が大事です。

また洗い過ぎ、強く擦って洗う、熱いお湯で洗う等の清潔面でも気を付けましょう。

ムダ毛処理もあまり頻繁にやっているとメラニン色素が生まれやすくなってしまうので適度に、ムダ毛処理の後のケアも欠かさずに行って肌の調子を整えるようにして下さい。

このようにメラニン色素の生成を防ぎながら、同時に肌のターンオーバーを整えて、メラニン色素が肌に染み付かないようにする事も大事です。

その為には生活習慣を正しくし、ホルモンバランスを整えましょう。

睡眠不足、食生活の乱れは特にホルモンバランスを崩す原因となりますが、ストレスの溜まり過ぎもホルモンバランスの乱れに繋がるので、意識しながら、あまりに自分に厳しい生活をし過ぎないようにゆったりと整えていって下さい。

それとメラニン色素が染み付いて黒ずみになってしまっても、今は黒ずみを解消するクリーム等も開発されています。

注意点ですが「デリケートゾーン専用の美白クリーム」を使う事。

他の部位用は刺激が強く、余計に黒ずみを誘発させるような事にもなりかねないので、注意して下さい。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加