年齢とともに変化するデリケートゾーン

デリケートゾーンもまた、皮膚の一部。

顔や首周り、デコルテといった肌と同じく、年齢によって変化します。

そんな年齢とともに変化するデリケートゾーンを、年代別に状態から悩み対策、注意点までご説明しましょう。

まずは思春期である10代、女性ホルモンの分泌が始まる頃ですが、まだまだ不安定。

また同時に汗や皮脂の分泌が盛んになるので、思春期ニキビに悩まされる年代ですね。

同じようにデリケートゾーンの汗や皮脂の分泌が盛んになり、温度や湿度が高い状態になります。

それだけに雑菌が発生しやすく、それによってかゆみや臭いが起こり、またムレによるかぶれが起こりやすい状態でもあります。

対策としては生理ナプキンやおりものシートはこまめに替えるように、また自分の肌に合うナプキンやシートを見つける事も大事です。

全てが同じと思わず、色々な物を試してみましょう。

注意点としてはどうしても臭いが気になって過剰洗浄になりがちですから、丁寧に汚れだけを落とせば良い事を理解し、正しいデリケートゾーンの洗浄方法を良く知る事が必要です。

20代から30代半ばになると、女性ホルモンが急増してピークになる時期です。

それと色々な出来事が重なって不規則な生活習慣やストレスからホルモンバランスの乱れ安い時期です。

この時期のデリケートゾーンは汗や皮脂分泌だけでなく、女性ホルモンが急増する事でおりものが多くなり湿度がより高くなります。

また下着等の締めつけによりデリケートゾーンは密閉され、ムレによるかぶれが起こりやすいです。

対策として月経時にはデリケートゾーンや体を締め付けるものを避け、スカート等の通気性の良いものを選びましょう。

注意点として妊娠期にホルモンバランスの乱れからカンジダ菌等が繁殖しやすいので、違和感を覚えたらすぐに病院へ、適切な処置をすれば問題はありません。

40代になると、更年期に入りますね。

更年期には女性ホルモンの現象によって体自体が大きく変化します。

肌の潤いが減少すると同時にデリケートゾーンも乾燥しやすくなり、粘膜が弱くなるので雑菌が繁殖しやすい状態になります。

肌が弱くなっているせいか下着との擦れからかゆみやかぶれも発生しやすくなるので、おりものや経血量が減ったからと安心してはいけません。

今以上にショーツは優しい素材の物を選び、締め付けすぎないガードルで対策していきましょう。

また皮脂分泌も減っているので、熱いお湯でデリケートゾーンを洗うと油分を流しすぎてしまい乾燥が進む事にも注意。

ぬるま湯で優しく洗うようにして下さい。

年齢に合わせて、デリケートゾーンの対策も変化させる事が大事です。

肌以上に注意を払い、ケアをしていきましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加