性感染症

紹介する男

性感染症とは

性感染症は、STDやSTIとも呼ばれる性的接触(性交)によって感染すると定義される感染症です。

性感染症には下記の様な種類があります。

クラミジア感染症
エイズ
梅毒
淋病
トリコモナス
カンジダ
・B型肝炎ウィルスC型肝炎ウィルス
・性器ヘルペス 

感染する方法は、性器・性器周辺を愛撫する行為や口内性交などにより感染します。

最近、性感染症に感染する方法として特に口内性交が増加傾向にあります。

厚生労働省もこの口内性交による性感染症の予防に力を入れています。

特に若年層の性行為においては、口内性交という性行為が増えている事で性病に感染し易い状況となっており、正しい知識を持って予防対策をする事が大切です。

ただ現実的には、性行為は自由な行為であり男女の愛情表現においては究極の表現になります。

感情的になるのは人間本能的な部分であり、本人同士の自覚がなければ予防する事は難しいとされてます。

しかし感染すると怖い病気である事を知っておくべきなのも事実です。

性病に感染した場合感染した病気の種類にもよりますが男女の症状はどう違うのでしょう。

男性の症状として、性器局部のかゆみや不快感・腫れを感じます。

また激しくなると症状は全身に出てきて、手指や唇のできものやかゆみや痛み、肌の異常に始まり発熱、全身倦怠感、食欲不振、吐気、最悪黄疸が出るなどの症状があります。

女性の症状も男性の症状と基本的には変わりませんが、性器や肛門周辺に、乳頭状もしくはニワトリのとさか状の痛みのないイボがある。

性器周辺や太もも、肛門周辺などに、痛みをともなう水泡もしくはそれがつぶれた潰瘍がある。

性器に豆粒ぐらいのやわらかいコブ、もしくはそれがつぶれた強い痛みを伴う潰瘍がある。

などの症状があります。

以上を感じたらすぐに泌尿器科など専門の病院を訪れるか市販の検査キットで検査を受けて下さい。

そして何よりも大切なのは、正しい予防の知識対策法を知る事が最善だと思います。

PAGE TOP ↑