生理中の臭い(におい)の対策

生理時はどうしてもデリケートゾーンの臭いが気になってしまいますよね。

デリケートゾーンの臭い対策として行えることというのは案外少なく、大きく分けて2つになります。

1つ目はデリケートゾーンを出来るだけ清潔に保つということです。

生理時の嫌な臭いは雑菌の繁殖によるものですので、雑菌が繁殖しにくい環境を作ってあげることが大切と言うわけです。

ナプキンを小まめに取り換え、清潔に保つのはもちろんですが汚れをしっかりふき取ることを意識することも大切です。

この時、しっかり毛の処理を行っているかどうかは臭いにとって大きなポイントです。

経血はふき取りにくいものですが、毛の処理が行われていない場合は経血が毛に付着し取り除くのが難しいです。

そのため、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。

毛を添ったり短めに整える等して、汚れが溜まりにくいように配慮しましょう。

入浴の際にはしっかりと洗浄して欲しいですが、洗いすぎにも注意しましょう。

洗いすぎてしまうと今度はデリケートゾーンに存在する良い菌まで殺してしまうことになり、雑菌の繁殖を手助けしてしまうことになるのです。

そうならないように、膣の中まで洗うことは避け、利用する石鹸は低刺激のものにしましょう。

そして2つ目は通気性の良い服装を心がけることです。

簡単なように思えるかもしれませんが、生理時は下着もパンツもタイトなものを選んで着用する人が多いです。

これは汚れが気になる場合もありますし、臭いを気にするあまり厚着をするなどしてカバーしているつもりになっていることが多いのです。

しかしこれでは蒸れが生じやすくなり、雑菌が繁殖しやすい環境を提供する形になります。

ですから通気性の良いものを選び、締め付け過ぎないことを意識する必要があります。

このように生理時の臭い対策は難しいことはありません。

もちろん、デリケートゾーンも汗をかきますから、汗の臭いを強くする食べ物にも気を使った方がいいとも言えます。

生理時の臭いということに限定すれば、清潔に保ち通気性を良くすることに意識を傾けましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加