老人性膣炎

老人性膣炎について

老人性膣炎の症状とは?

閉経後の女性達の中で老人性膣炎にかかる方が多いようです。

老人性膣炎とは外陰部や膣の内部が乾燥したり萎縮して、雑菌が繁殖して炎症を起こす病気であり、閉経後の性交痛にも繋がります。

膣が萎縮することによって出血したり、かゆみや黄色いおりもの、悪臭を伴うこともあり、卵巣摘出を行なった人もこのような症状が見られます。

さらには外陰部が癒着することによって閉じてしまう場合もあります。

黄色いおりものは子宮体がんの症状である可能性もあるので、老人性膣炎かどうかきちんと確認する必要があるでしょう。

老人性膣炎になる原因

閉経前には女性ホルモンの分泌によって膣壁のコラーゲンも維持されて、膣内が潤うことによって、雑菌の繁殖を抑えていました。

しかし閉経を迎えて卵巣機能が停止したり、腫瘍治療のために卵巣摘出を行なった場合には、女性ホルモンの分泌が減少することによって膣粘膜が萎縮したり、膣が乾燥したりします。

それによって膣の粘膜が傷ついたり、さらには雑菌が繁殖し易い環境になり、炎症を起こすという流れになります。

検査の方法は?

老人性膣炎の検査は、医師によって肉眼で観察するのが一般的な方法です。問診を行う際に病歴や月経が止まった時期についても質問されるでしょう。

その後内診により膣粘膜の萎縮状態や出血の有無などを確認して、細胞培養法で検査を行う場合もあります。

必要に応じて骨盤内診察や細胞診塗布検査、膣内pH値検査、血液検査、尿検査なども行います。

治療について

老人性膣炎を治療するためには、不足したエストロゲンの径口剤や貼付剤、局所療法である膣錠を使用します。

細菌感染が非常に悪化している場合には、抗生物質入りの膣錠を併用する必要があるでしょう。

ほとんどの場合が1~2週間程度で症状が緩和しますが、ひどい場合には1ヶ月程度治療を続けなければなりません。

症状が落ち着いてからは、普段から潤滑剤や保湿剤を利用すれば膣内の乾燥を防ぐことができるでしょう。

重症の場合はエストロゲン補充療法を勧められる場合もあります。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加