卵管炎

卵管炎について

卵管炎の症状とは?

子宮の両端から卵巣に繋がる管を卵管といいますが、卵巣から出てきた卵子を卵管で吸い上げて、卵管の中で精子と受精します。

この受精卵は卵管を通じて子宮に運ばれますが、この卵管の中で起こる炎症を卵管炎といいます。

急性の卵管炎の場合には突然発熱したり下腹部痛がありますが、症状がほとんどない場合もあり、見過ごしてしまう可能性が高い病気です。

この炎症が進行すると下腹部痛や性交痛を引き起こすこともあり、骨盤腹膜炎の併発も心配されています。

卵管炎の原因は?

卵管炎はクラミジアや淋菌のような性感染症が原因となって、卵管に炎症を起こすことがほとんどです。

まず子宮の入り口付近で細菌に感染して、その後子宮に侵入して卵管にまで炎症が及ぶと卵管炎が発症します。

卵管炎になると卵管だけでなく、隣りにある卵巣や骨盤腹膜も発症するケースが多く、この場合には子宮付属器炎と呼ばれています。

また周囲の臓器が細菌に感染して、卵管にも及び卵管炎となる場合もあります。

検査方法

卵管炎を診断するためには、内診や超音波検査を行いますが、膣の分泌液からの細菌検査を行っても、既に卵管の内部に炎症が移動している場合は、異常がないという結果が出る可能性もあります。

クラミジア感染によって卵管炎になるケースが多いので、クラミジアに感染した場合には卵管炎も疑う必要があるでしょう。

最近は若い女性の間でクラミジアが増加しており、これが原因となって不妊になる危険もありますので、十分注意が必要です。

治療法とは

基本的に感染した細菌に対して抗生物質を投与をすることにより、卵管炎の治療を行ないます。

雑菌やクラミジア菌の感染で炎症が軽ければ、飲み薬で治療が可能ですが、腹痛や発熱などの症状が見られて炎症が進行している場合には、抗生物質の点滴や注射が必要になるでしょう。

もし卵管に膿がたまるなど慢性化していたり、腫瘍や癒着がある場合には、外科手術が必要になることもありますので、卵管炎の症状が見られたら早めに治療されることをお勧めします。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加