無月経(生理が来ない)

生理来ない

初めて月経が来ることを初潮と言いますが、日本人の初潮が来る時期の平均は12歳から13歳です。

18歳までに月経(生理)が来ない場合は原発性無月経とされ、専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

一方で、初経はきたものの、何らかの原因で月経が止まってしまったことを続発性無月経と呼びます。

原発性無月経の原因の中には、性器の形態異常、子宮が無い、卵巣が無い、膣が無い、処女膜が閉鎖しているなどの性器の異常が発見される場合も有ります。

これらは遺伝上の問題で、体の細胞を調べる染色体異常が見つかる場合も有ります。

卵巣・下垂体・視床下部の障害の可能性

初経が来てから妊娠したわけではないのに90日以上来ない場合は続発性月経が考えられますが、珍しい事ではありません。

妊娠ではない無月経の場合は、卵巣の働きが身体のバランスが崩れ排卵が止まっているのか、卵巣に働きかける下垂体からの性腺刺激ホルモンの分泌が足りていないのか、下垂体自体になんらかの障害が出ている等の原因が考えられます。

下垂体は脳の一部であるため、環境の変化などによるストレスやショックなことがあると影響を受けホルモンの分泌に異常をきたす場合も有ります。

無月経の治療

月経が無いこと自体はよくあることなので、緊急性の高い危険な状態ではありませんが、排卵が無いと言う事は妊娠しないことを意味し、この無月経の状態が長く続くと子宮内膜が委縮するので完治が難しくなることから無月経の放置はしないほうが良いでしょう。

無月経の治療には黄体ホルモンの服用か注射がなされ、卵胞ホルモンが分泌されれば子宮内膜は柔らかくなり、黄体ホルモンの低下時期に子宮内膜が剥離し出血が始まり月経がはじまります。

この状態を第一次無月経と呼ばれ、卵胞は発育しているが下垂体から分泌されるホルモンの量が十分でないために排卵が起こらないことから無月経になっている状態です。

黄体ホルモンを投与しても出血が始まらない場合は、子宮内膜が卵胞ホルモンで増殖していないことを意味し、卵胞がホルモンを分泌する程に成熟していないことが考えられます。

この状態は、第二度無月経と呼ばれ、月経を起こすために黄体ホルモンに加えエストロゲンの投与が必要になります。

自然に月経が始まることも

無月経の場合はホルモンによる治療がなされますが、環境の変化などで自然に月経が始まる場合も有ります。

月経には下垂体や視床下部など脳の働きが大きく関係していますが、これらは大脳の影響を強く受けるのでストレスで感情が不安定な時期などは月経が止まる場合があります。

このような場合は、ストレスの原因が解決する事で月経が始まる場合がります。

多嚢胞性卵巣症候群による無月経

卵巣の中野卵胞が発育して排卵を起こすまでは卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンがバランス良く分泌される必要がります。

このバランスが崩れ黄体化ホルモンが過剰に分泌されると卵胞は発育不足のまま排卵は起こらず委縮します。

これが繰り返し起こると卵巣の中に多くの嚢胞ができ、この状態を多嚢胞性卵巣症候群と言います。

排卵ができないために、無月経や月経不順になります。

まとめ

無月経の理由は様々ありますが専門医の指示に従うことが重要なので、月経が来ない場合は病院に行きましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加