月経困難症と月経前緊張症

月経の不快な症状は月経困難症

月経がきた時に下腹部痛や腰痛がありますがこれを生理痛と言います。

出産を経験されている方は、産後は出産前に比べ生理痛は軽くなっているかもしれません。

月経の時の様々な症状は、下腹部痛だけではなく、頭痛や倦怠感などがありこれらを含め、月経困難症と言います。

月経困難症には、初経以来継続している原発性月経困難症と言い、一度治って再発して継続している場合は続発性月経困難症に分類されます。

子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因で症状が出ているものを器質性月経困難症と分類し、医師の診察でも何も病変や異常が見つからないものを機能性月経困難症と言います。

機能性月経困難症が起こる理由

機能性月経困難症が起こる理由は、子宮内膜内で合成されるプロスタグランディンというホルモンが原因であると考えられています。

プロスタグランディンは、分娩誘発時にも使用される物質で子宮の筋肉を収縮させる働きがあり、子宮の収縮は痛みを伴います。

このホルモンは、子宮内膜で月経前と月経中に特に多く分泌され月経困難症に人はこの量が無い人より多いとされています。

治療ではこのホルモンの分泌を阻害する薬が処方される場合があります。

原発性月経困難症と機能性月経困難症は出産後は治まることが多い

月経困難症は出産前の女性に起こることが多く、原発性月経困難症と機能性月経困難症がほとんどで、出産後の女性は続発性月経困難症と器質性月経困難症であることが多いとされます。

機能性の月経困難症の場合は、月経のはじまりの時期が重く、月経の後半では軽くなる特徴があります。

月経期間中や終了後も腰痛が残る場合は、子宮内膜症などが原因の器質性である可能性があります。

機能性月経困難症では、出産により子宮頚管が広がることで産後は月経による経血の排出もスムーズになり自然に治まることが多いようです。

月経前緊張症

月経前緊張症とは、生理前に精神的に不安定になり、怒りっぽくなったり、頭痛、むくみ、乳の張りなどの症状が出ることで、別名は月経前症候群と言います。

精神的に落ち込むことが多く、自己嫌悪や攻撃的になることも多く、その他衝動的になったり、異常な食欲が出る場合があります。

女性の約半数にこれらの症状がみられ、未出産の30代~40代では症状が出やすいようです。

これらの症状の原因は、生理の時に分泌される黄体ホルモンの分泌が原因となることが多く、この症状が強い場合は経口避妊薬を飲むことで排卵が抑制されると治まります。

逆に排卵の無い無排卵周期の場合は、月経痛が軽いか無い場合が多いとされます。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加