トリコモナス

困る女

トリコモナスは原虫であるトリコモナスを原因とする感染症です。

基本的には哺乳類、鳥類の感染症であるが、人間にも膣トリコモナスや腸トリコモナスといった感染症があります。

感染経路としては、性行為によるものが感染原因の多くを示します。

トリコモナス症の特徴としては、他の性感染症では若年層の感染が多いのに対して中高年層のも多く感染者が見られる点にあります。

ただしやはり性行為や性に対して興味が旺盛な若年層の感染者が多いのは他の性感染症と同じです。

男性の症状としては、尿道や前立腺に感染して炎症を起こすケースがほとんどですが、症状自体は軽く気づかない場合があります。

なので感染している事に気づかずに、他の女性と性行為をするなどした場合感染が広がるので注意が必要です。

女性の場合は、性器の痛みやかゆみ、強い悪臭のおりものや黄色いおりものなどがあります。

トリコモナスが膣内の環境を正常に保つ事を妨げてしまい、正常な状態が損なわれて、様々な細菌が活動を活発化して特徴的な症状を引き起こします。

更に妊娠中にトリコモナス症に感染すると、胎盤の炎症、羊水内感染などを経て胎児への感染の恐れがあります。

その結果、腹部の強い痛みや張りや発熱、最悪な場合は破水をして早産となる事もあるので妊娠中は特に注意が必要です。

トリコモナスには他に悪い癖があります。

原虫であるトリコモナスが水を介して感染し易い点です。

トリコモナスは水に耐性があり、感染性を長時間保つ事が出来ます。

その為、家の中の水周り、お風呂や洗面所、トイレの便座での感染例もあります。

また、家族内に感染者がいなくても銭湯や温泉などの不特定多数の人が共に共有する場所でも感染します。

公衆浴場では時間ごとに水質検査が義務付けられていますが、トリコモナスまでは発見出来ません。

同じくたくさんの人が使用する、公衆トイレや他の施設のトイレの便座でも感染する事が考えられます。

症状が現れるまでの潜伏期間が、2週間ほどから半年程度と非常に特定しずらいのもトリコモナスの特徴です。

しかし、疑わしい症状がある場合は男女共にトリコモナスの検査を行う事が基本です。

予防としては、不特定多数の人が使用するトイレの便座などは常備してある殺菌シートで拭いてから使用する。

または自分で携帯して持ち歩くなどをして感染する心配を軽減する事です。

また治療中は、薬にアルコールの分解を妨げる成分があるためアルコールの摂取は厳禁とされています。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加