性器ヘルペス

ストップさせる女

性器ヘルペスはDNAウィルスである単純ヘルペスウィルスが原因となる病気です。

1型と2型がありますが、唇ヘルペスと呼ばれるものが1型で性器ヘルペスと呼ばれるものが2型になります。

しかしオーラルセックス(口内性交)などの性行為が増加した事により分類の仕方は簡単ではない様です。

性器ヘルペスの特徴は痛みにあります。

感染後、一週間程度のウィルス潜伏期間を経て症状を発する場合が多く性器などに水泡、いわゆる水ぶくれが出来かゆみや強い痛みを伴います。

症状が現れる部位として、女性は外陰や膣内、男性は性器の先端などに水ぶくれや赤いぶつぶつみたいなものが出来ます。

また男女共に、お尻や太ももの付け根などが腫れ痛みを伴う事もありますが、水ぶくれが潰れた後が赤くなり強い痛みを発する事もこの病気の特徴ですが、他にも症状が現れた部位近くの神経を刺激して神経痛を引き起こす事もあります。

感染の原因はあらゆる性行為時に感染しますが、ウィルスが性器の表面に出てきている場合も直接触れる事で感染します。

他にもキスなどで唾液から感染するケースも考えられますが、性器からの感染よりも感染率は低いのが現状です。

家族内で感染者がいる場合は、家族内感染が心配なところですが日常生活の上では感染する事はほとんどないとされています。

ただし、トイレの便座で感染して例も稀にあります。

日頃からトイレの便座シートで殺菌したり、手をこまめに洗うなどで感染率はぐっと下がります。

怪しい症状がある場合はすぐに泌尿器科や産婦人科での検査が必要です。

性器ヘルペスの症状は特有である為、感染しているかどうかは簡単に特定出来るようです。

性器ヘルペスの治療は、抗ヘルペスウイルス内服薬の服用や塗り薬などでの治療になります。

しかし症状が重い場合は入院して、点滴治療になる事もあります。

また性器ヘルペスは再発性が高い病気で有名で、一度治っても再発する恐れがあります。

特に再発の場合が重い症状が出る事が多いとされています。

再発防止の為には、きちんとした避妊や身体を清潔に保つ事などが挙げられます。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加