カンジダ

頭抱える女

カンジダは特に女性に感染者が多い性感染症です。

カンジダは他の性病とは性質が異なり、もともと体内にある細菌が原因だと言われています。

この細菌はカビの一種である為注意が必要ですが通常の性行為による感染だけでなく、体内に菌がある為体調不良などが原因で症状が出る事もあります。

カンジダの男性に現れる症状としては、亀頭部のかゆみやただれですが症状を感じにくいとされているので、感染している事に気づかずに性行為を繰り返すと移す可能性があります。

女性の場合の症状は、腟のかゆみや性器に炎症を起こしたりしますが、その他特徴的なのが炎ヨーグルト状のおりものの増える事があります。

またこれは男性にも言えますが、疲れやストレスや病気などで免疫力が落ちていると発症する事もあります。

その他風邪を引いた時に風邪薬を多用する事で、風邪薬に含まれるステロイド剤や抗生物質などが原因になる場合もあります。

またカンジダ菌は口の中に存在していると言われており、幼少期の子供や老人など成人者に比べ免疫力が低い人も注意が必要になります。

口の中に症状が現れる場合は、口腔カンジダ症やカンジダ性口内炎と呼ばれます。

この様に他の感染症とは異なり、体内に潜む細菌が原因で発症する事がある為風邪やその他の病気で体力や免疫力が落ちていると自分で思った時には特に注意して下さい。

明らかに自覚症状がある場合は、早いうちにカンジダの検査を受ける事で早期発見が出来ます。

感染の原因が性行為だけでないので、症状が出てからどのくらいで検査をする事が良いのかですが、カンジダは感染していればすぐに検査で発見する事が出来ます。

治療の方法は、男性は塗布薬の使用を症状がなくなるまで続けるのが一般的です。

女性の場合も同様ですが、通院をしながら連日膣内洗浄をする事により治療する事が一般的となっています。

予防策を考える場合、カンジダ菌はカビの一種である事を考えると分かり易くなります。

湿気の多いところに生息するのがカビです。

なので、通気性の良い衣類や下着の着用、清潔に保つ事が一番です。

また、免疫力の低下が原因にもなるので睡眠を十分にとり疲れを溜めない、規則正しい生活をする事で感染を防ぐ事が出来ます。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加