おりもの色が黄白色、黄色、緑色

おりものは健康のバロメーターです。

その色や量などによって健康状態をある程度測る事ができますが、おりものが黄白色や黄色、緑色の時は一体体の中で何が起こっていると考えるべきでしょうか。

この場合考えられる疾患としては以下が挙げられます。

子宮膣部びらん/膣炎/子宮内膜炎/卵管炎/子宮頚管炎/淋病など

このうち子宮膣部びらんについては女性の80%ほどの女性に見られる<状態>であって病気ではないことがほとんどです。

これは子宮頚部の粘膜の部分が外側に<はみ出している>状態というだけですが、この部分は分泌物も多いため、おりものの量が多くなるだけ、という場合もあります。

ただ、びらんは初期の子宮頚がんと外見が似ているので一応検査をしてみてもいいと言えます。

膣炎については、大便の後に性器付近までトイレットペーパーでこすってしまっても感染する例もありますし、タンポンを入れっぱなしにしたり、過度に膣内を洗浄した場合になる事もあれば、老人性の場合は子宮体がんの可能性もあります。

また子宮内膜炎は大腸菌やブドウ球菌などの細菌性で罹る場合と、淋病やクラミジアなどの性病から発症する事があります。

こちらに関してもタンポンを正しく使わなかったり、出産や流産、中絶をした後などは細菌が入りやすいと言われています。

卵管炎は症状が出ず気づかない事も多いのですが、性病が発展して引き起こる事が多いです。

卵管が詰まってしまい卵管の中で受精卵が着床したり、また卵管が癒着して妊娠できなくなるという状態です。

性病を防ぐ事が肝要です。性交時はコンドームをしてリスクを減らしましょう。

子宮頸管炎は他の疾患と一緒で膣を不潔にしておいたり、性病を患う事で発症します。

下腹部に痛みや、腰痛や発熱が発症する事もあります。また不妊や早産のリスクが高まります。

淋病は性病のひとつで女性の場合は無症状の場合も多いので気づかない事も多いのですが、感染後かぜのような症状が出る事もあります。

こちらも不妊に繋がります。性交時は必ずコンドームを忘れないようにしましょう。

上記の症状は、どれも黄色~緑のおりものを伴う場合が多いです。

なんかおりものの色が変と思ったら、まあいいやとは思わずに婦人科を受診しましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加