女性ホルモン種類と役割

女性ホルモンという言葉を聞く事はよくありますが、女性ホルモンは何たるかを本当に理解していない女性も少なくないのではないでしょうか。

ここでは女性ホルモンの種類と役割についてお話します。

まず、女性ホルモンには二種類あり、エストロゲンと言う卵胞ホルモンと、プロゲステロンと言う黄体ホルモンが存在します。

この二つが働きかけて<生理>がきちんと来るようになるのですが、どのような役割をしているのでしょうか。

まずエストロゲンは生理の終盤から排卵日に多く分泌されますが、子宮や卵巣、乳房の働きを整えたり、子宮内膜を増やして妊娠できる体作りをするだけではなく、コレステロールや自律神経のバランスを整えたり、骨量を保ったり、膣をはじめとして、目や鼻などの粘膜や皮膚の潤いを保ったり、動脈硬化を防いだり、記憶・認知能力などの脳の働きを維持するという働きがあります。

エストロゲンが増えすぎると子宮内膜増殖症や子宮体癌が発症する事もありますが、逆に卵巣の機能が低下し始める40代以降の更年期の女性では、卵巣からの女性ホルモンと視床下部からの性腺刺激ホルモンのバランスが崩れ、自律神経失調症になったり、他の更年期症状が出現します。

またエストロゲンは骨量に関与しているため、閉経後にエストロゲンが低下する事によって骨粗鬆症になる女性も多いです。

またプロゲステロンは排卵後から分泌され、受精卵が着床しやすい分厚い子宮内膜を作る働きがあります。この時期に女性は高体温になります。

また生理前や生理中に機嫌が悪くなる人も多いですが、これはセロトニンという精神を安定させる脳内物質が、プロトゲンの増加に伴い低下するからです。

また妊娠時には栄養や水分が必要なので、生理の前にはプロトゲンがそのような働きをすることによって、体がむくんだり、にきびや吹き出物が出る場合もあります。

このように、エストロゲンやプロゲステロンは女性として生まれてきたら欠かせない女性ホルモンなのです。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加