子宮頸管炎

子宮頸管炎について

子宮頸管炎の症状とは?

頸管粘膜が炎症を起こすことを子宮頸管炎といいます。

子宮頸管炎には急性と慢性がありますが、急性の場合は膿性のおりものが見られたり、炎症が激しいと下腹部痛や腰痛、発熱も見られます。

慢性の場合にはネバネバした黄白色のおりものが続いたり、炎症が広がると腰痛や性交痛を訴えるケースもあります。

そのまま放置していると不妊症に繋がる可能性がありますので、注意が必要です。

子宮頸管炎になる原因

子宮頸管に病原菌が感染することによって子宮頸管炎が起こります。

膣炎の炎症が子宮頸管まで広がったり、連鎖球菌やブドウ球菌、大腸菌、クラミジア菌などの病原菌が性交時や出産時や人口中絶、流産などの際に傷口から感染することが原因とされています。

以前は淋菌によって感染するケースが多かったのですが、最近はあまり見られなくなりました。

またタンポンを長時間使用することによって細菌を繁殖させることにより、子宮頸管炎になることもあります。

検査法とは?

まずは問診を行なってから、尿や子宮頸管の粘膜からおりものや膣液を採取して、炎症を起こしている細菌を顕微鏡で検査します。

その他にも血液検査によって抗体検査を行ったり、精密に検査を行うために細菌を人工的に増やして培養検査を行うこともあります。

クラミジアの場合には子宮頸管から綿棒で分泌物を採取する方法と、血液検査の方法があります。

どの検査も痛みを伴うものではありませんので、安心して検査に臨んでください。

治療法について

検査によって判明した細菌に有効な抗生物質を使って、膣内投与や経口投与、消炎薬の内服を行ないます。

炎症が激しくて発熱や下腹部痛がある場合には、入院をして抗生物質の点滴や服薬による治療が必要になります。

高齢者の場合には女性ホルモン剤が含まれた膣錠が併用されることもあります。

治療中は性交は控えて治療に専念することが重要であり、クラミジアや淋菌の場合には、パートナーも共に治療する必要があるでしょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加