子宮頸がん

子宮頸がんについて

子宮頚がんの症状とは? 

最近増えているといわれる子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがありますが、子宮頸がんとは子宮の入り口にある子宮頸部から発生するので、産婦人科で診察すれば発見され易いがんだといえるでしょう。

子宮頸がんの初期にはほとんど症状がありませんが、進行するにつれて性行為の際や月経でない時に出血が見られたり、異常におりものが増えたり、月経時の出血量が増加したり期間も長引くなどの症状が考えられます。

何が原因か?

普通がんの原因を特定するのは困難ですが、子宮頚がんの原因はヒトパピローマウィルスというウィルスの感染によるものだと特定することができます。

このウィルスはありふれているので、性交渉の経験のある女性ならば子宮頚がんになる可能性があると言えるでしょう。

しかし感染したからといって、必ずがんになるという訳でなく、免疫力によって自然に体外に排除されることがほとんどです。

つまり免疫力が低下した場合にウィルスが子宮頸部に残って、さらに長い期間感染した時には細胞が少しずつがん細胞となり、子宮頚がんにかかってしまうわけです。

子宮頚がんの検査方法

 
子宮頚がんを予防するためには、2年に1回の定期健診が大切です。徐々に進行する子宮頚がんは、異形性の段階で発見すればがんを防ぐことができるでしょう。

検査を受けるにはまず問診を受けますが、性交渉や流産や中絶の経験など正直に答える必要があります。

その場合に何らかの症状がある場合にも、細かく医師に伝えましょう。

さらに内診により子宮頸部の状態を確認してから、細胞診を行い子宮頸部の細胞を採取して検査を行います。

治療法とは?

がんの進行具合や年齢、合併症の有無などによって、子宮頚がんの治療法が決定しますが、大きく分けて手術と放射線治療、抗癌剤などの化学治療が考えられます。

手術を行う場合、初期であれば頸部だけを切除する円錐切除術が行なわれますが、これで病変を削除しきれない場合には、子宮全摘術が必要になります。

さらにがんの浸潤度が高い場合には放射線治療が効果的で、がんの進行を抑制する目的で抗癌剤が使用されることもあります。

これらの治療法は患者のがんの進行状況や年齢などにより変わりますので、信頼のできる医師と十分に相談してから、治療法を決定しましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加